精霊評価

八百八町あやかし捕物帳ガチャの当たり精霊・評価を勝手に解説【黒ウィズ限定精霊レビュー】

新イベントシリーズ、八百八町あやかし捕物帳が始まりました!

舞台は八百万神秘譚が繰り広げられた和ノ国の異界。
2018年は本当に名作イベントシリーズの世代交代が多い黒ウィズです。

サチ
八百万からの続投メンバーあり、クリスタルガチャから念願の限定化ありのアツいラインナップです!
師匠
さてさてガチャ精霊の性能はどんな感じかニャ?

八百八町あやかし捕物帳精霊の私見評価・レビュー

【筐体評価】八百八町あやかし捕物帳

グロス評価
コメント
かなり評価差の激しい、☆4に近い☆3ガチャ
プラチナセレクション・BoNO2からのスキルセット継承が多いです

純属性版アルルシ型アタッカー・純属性SPパネル変換・新蓄積解放スキルと最高レベル性能がある一方、特定のAS3倍キースキルがないと輝きづらい精霊もあり

配布クリスタルの貯蓄具合に応じて、10〜20連くらいで当たり性能が1枚引けたら嬉しいガチャ
戦士 アタッカー

アヤツグ・アシハラ(八百八町)の評価サマリー

クエスト評価
トーナメント評価
ポイント
自傷型属性特攻+蓄積解放大魔術・破。

BoNO2イスカが水属性となって早くも展開。
初速から強いASを駆使してオーバーダメージを稼ぎ、SSで放つ。

スキル反射無視なしが打ちどころを計算させますが、高い攻撃力で300万級のダメージを軽く出せるのは魅力。
術士 アタッカー

コノハ・ヨリヒメ(八百八町)の評価サマリー

クエスト評価
トーナメント評価
ポイント
特大重チェインAS+セカンドファスト型斬撃大魔術。

第二世代アルルシ型スーパーアタッカーのアンカーを飾る。
既に雷のケネス・水のリュオンが活躍しておりその性能は折り紙付き。

火の純属性デッキを更に一段上にステージに押し上げる頼もしいメインアタッカーでしょう。
術士 アタッカー

ミオ・ツヅラオリ(八百八町)の評価サマリー

クエスト評価
トーナメント評価
レイド評価
ポイント
火/水統一条件8連撃にガード・ダメブロ解除SS。

通り一辺倒でない、珍しいタイプのサポートアタッカーとして実装された。
単体ではなく、編成で輝くタイプで人に依ってかなり印象が変わるであろう精霊。

上記☆評価の大前提はAS3倍スキルのディートリヒ&ローヴィを所持しているか。
それによって初速効果値400の8連撃ASの魅力が激変するはずです。
神族 エンハンス
ガード

トミ・コトブキ(八百八町)の評価サマリー

クエスト評価
トーナメント評価
ポイント
ガード・エンハASに全体ダブルスキル付与。

水のギャスパー、火のクロッシュと展開してきたスキルセット。
AS・SSともにサポート型であり、長期戦高難易度なクエストに適した精霊。

雷の補食大魔術であるMERELESSⅡのラティオの有無によっても見え方が変わる精霊。
SS性質としては非常に寿命が長く、インフレに自動追尾できるコスパの高さがある。
亜人 アタッカー

ユウギリ・アメノ(八百八町)の評価サマリー

クエスト評価
トーナメント評価
ポイント
純属性条件連撃ASに、ALL属性SP+の純属性変換。

火のヴィッキー、水のラーシャに続いてシリーズの最後を飾る。
純属性デッキにおけるスキル回しの要になることが可能な、個人的に大当たりのスキル。

トーナメントにおいてはパネル爆破大魔術とのタッグが理想的。
ボス戦に7T前後のスキルを間に合わせる優秀さを活かしたい精霊。
神族 ヒーラー

サクト・オオガミ(八百八町)の評価サマリー

クエスト評価
トーナメント評価
ポイント
水/火統一属性で高まるヒールASに、クセのない起死回生SS。

キャラデザインの真逆を行く純然たるヒーラーとして実装。

統一属性縛りはASに対してのみなので、水融合デッキ等への編成も可能。
SSは八百万1のトミがもっとも近い形と思い出される。

クルイサシークレット等、高難易度クエストでのポイント起用や、ルカ率いる水/火AS3倍属性で駆け抜けきれない攻勢を起死回生によって突き進む用途も見えるかも知れません。

各精霊のスペック詳細はこちら

関連記事

  1. カードキャプターさくらコラボガチャの当たり精霊・評価を勝手に解説【CC…

  2. 機械と少女Ⅱ&神都ピカレスクガチャの当たり精霊・評価を勝手に解説【プラ…

  3. 喰牙RIZE3(クウガライズ3)ガチャの当たり精霊・評価を勝手に解説【…

  4. キルラ・コルテロの評価【SUGARLESS BAMBINA(シュガーレ…

  5. チェチェ・ウルラーレの評価【SUGARLESS BAMBINA(シュガ…

  6. ヴィタ・バビーナの評価【SUGARLESS BAMBINA(シュガーレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP